日本語教師の学校に通って夢を実現させよう

レディ
勉学

教えるプロを目指す方法

日本語教師を目指して学校に通う場合は、自分のスタイルに合ったところを選んでください。講座を休んだ場合のフォローや、復学制度が用意されているところもあるので検討するのも良いでしょう。日本語教育能力検定という試験合格を目指す人には合格率の高い学校もピッタリです。

日本語を教えるプロへの道

メンズ

文法から学習をスタート

日本語教師になるための講座は、全国の専門学校などで開講されています。日本語教師は、主に外国人を対象に日本語の使い方を総合的に教える職業です。日本に居住している外国人はもちろんのこと、海外へ渡って現地の外国人に日本語を教えるパターンもあります。ネイティブとして、基礎から日本語を教えていくのが日本語教師の仕事です。専門学校で開講されている講座では、基礎的な日本語の文法から教育を行っていきます。日本語教師は、外国人にも分かりやすく文法や使い方について教える必要があるため、今一度日本語について学び直すのが、このような文法に関する講座です。教える際のテクニックについても、カリキュラムを通じて学びます。学校の現場で日本語教師として活躍するには、実習を受けることも必要です。専門学校のカリキュラムの中には、こういった実習のプログラムも設けられます。日本語教師として即戦力となれるよう、具体的な指導法を学ぶのが実習のプログラムです。日本語教師の資格を取るには、現在の所、一定の基準を満たす専門学校を利用することが求められます。国が認めた講座を受講することが、日本語教師の資格を取るための条件です。各専門学校では、基準に合致したカリキュラムを組んで講座を提供していますので、教育のレベルに関してはどの専門学校も大差はないと言えます。ただ、受講の際のスタイルには多少違いが見られ、クラスの人数などを参考にして専門学校を選んでいきたい所です。

勉強道具

資格取得も必要になります

日本語教師になるには、働く場所によっては、専門学校よりも、大学の卒業資格や学位などが求められる状況などもあります。日本語教師として求められる資格には、合格率が低くても、専門性が高いものもあります。取得しておくと、様々な場面で応用できるため、学校で専門的に学ぶ事も役立つ方法となります。

婦人

ニーズの高い資格を得る

日本語教師になるためには、国がガイドラインを設定しているため、内容に沿って学校で養成講座を受講する事も一つの方法です。日本語教師としての技術力についても、学校では実地研修を実施している場合が多くなっています。加えて、個人の状況に合わせた工夫により、カリキュラムを組む学校も増えている状況です。