日本語教師の学校に通って夢を実現させよう

男の人

教えるプロを目指す方法

勉学

自分にあう勉強スタイルを

日本語教師とは、母国語が日本語以外の外国人に日本語を教える教師のことです。通常、教師として学校などで働く場合は大学などで教員免許を取得する必要がありますが、日本語教師の場合は必ず必要な資格があるわけではありません。しかし、日本語教師としての就職を考えたときに、日本語教師養成講座を420時間以上受けて修了しているなどの条件があることが多いため、学校などで学ぶ人が多いです。現在では、日本語教師が目指せる専門学校やスクールなどが増えています。そのため、仕事の合間などに勉強したい人や、みっちり勉強したいという人は、自分のスタイルにあった学校を選ぶとよいでしょう。週末に学べるところや通信講座があるところ、夜間通学できるところなどもありますので、無理なく継続して学べるところを選んでください。また、日本語教師養成講座を受ける場合はきちんと420時間を学べるか注意してください。まれに420時間に準ずる、などの表記があるところもありますが、これは正規のものとは認められないので気を付けてください。家庭の都合などにより、急きょ休むことになってしまったときは、授業が遅れないように補習などのフォローをしてくれる学校もオススメです。なかには休学後の復学制度を用意しているところもあるので、検討してみるのも良いでしょう。日本語教育能力検定という試験も就職には有利になるので、試験合格を目指している人には合格率が高い学校がピッタリです。